お知らせ 「ESET INTERNET SECURITY」利用環境下での 不具合修正のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

17

RECRUIT TECH MEETUP #4

競技プログラミングとリクルート~開発現場で活きる知識とは~

Organizing : 株式会社リクルート

Hashtag :#Rtech
Registration info

Description

イベント資料

https://speakerdeck.com/recruitengineers/techmeetup4-tanaka1
https://speakerdeck.com/recruitengineers/techmeetup4-nishimura

イベントレポート・動画

https://techplay.jp/column/1569

イベント概要

タイトルの通り、「競技プログラミングとリクルート」について迫ります。
リクルートは、これまで「日本橋ハーフマラソン」という競技プログラミングコンテストをAtCoder上で主催してきました。この大会は累計3000名を超えるユーザーに参加されたコンテストになっています。
2021年に組織再編をしたリクルートは、それぞれの会社が有していた膨大なデータを横断的に集積し ソリューションやプロダクトに反映させていける土台が整ってきました。
大会に参加されたことのない方でも今回のイベントは楽しんでいただけます。 数理最適化技術、大規模データに興味がある方はぜひご参加ください!

開催方法

オンライン開催

タイムスケジュール

時間 内容 発表者
19:00 オープニング
19:05 登壇者紹介
19:10 「日本橋ハーフマラソンの開催秘話」 田中 伸明
19:20 「大規模データを活用したプロジェクト事例」 田中 伸明
19:35 「数理最適化技術活用のための取り組みと事例」 西村 直樹
19:50 Q&A
20:20 クロージング
20:30 終了予定

発表紹介

日本橋ハーフマラソン開催秘話

発表者

田中 伸明
株式会社リクルート データ推進室 シニアデータアプリケーションエンジニア

2016年リクルートコミュニケーションズ(当時)に中途入社。様々なデータ活用系のアプリケーションに、インフラからフロントエンドまで幅広く関わっている。2021年より、人材採用サービスでのレコメンド基盤構築に従事。

発表概要

リクルートが2017年から毎年開催しているプログラミングコンテスト「日本橋ハーフマラソン」。その誕生に至るまでの経緯や、継続して開催するにあたって考えていることなどをお話しします。

大規模データを活用したプロジェクト事例

発表者

同上

発表概要

「競プロ勢は大規模データの処理に強い」とはよく言われますが、所与のアルゴリズム的な問題を解くことそのものが業務になることはあまりなく、では実際のところ何をしているのか? そのイメージをつける助けになればと思います。

数理最適化技術活用のための取り組みと事例

発表者

西村 直樹
株式会社リクルート データ推進室 横断データソリューションG シニアデータサイエンティスト

2015年リクルートに新卒入社。じゃらん、ホットペッパーグルメなどのサービスにおけるデータ活用プロジェクトの推進、分析などを担当。2021年に書籍「Pythonではじめる数理最適化: ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう」を共著にて執筆。

発表概要

数理最適化を応用可能な案件探索、社内での技術普及のために、産学連携で実施している取り組みと、数理最適化の活用施策について紹介します。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

harukaoiso

harukaoiso published RECRUIT TECH MEETUP #4.

01/24/2022 11:33

RECRUIT TECH MEETUP #4 を公開しました!

Group

株式会社リクルート(Engineering / Data)

リクルートのエンジニアリングについて発信します!

Number of events 9

Members 114

Ended

2022/02/17(Thu)

19:00
21:00

Registration Period
2022/01/24(Mon) 11:33 〜
2022/02/17(Thu) 21:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Organizer